東京スカイツリーの開業5周年を記念して、「粋(いき)」「雅(みやび)」に続く新ライティング『幟(のぼり)』が2017年5月18日より点灯を開始しました。

nobori170518.jpg


 「幟」は、古来より縁起の良い色とされてきた橘色(橙)を基調とし、縦のラインで3つの面に区切られた垂直性を強調したデザインとなっており、点灯開始時に大きな旗が掲げられる様をイメージし、面が1つずつ順番に点灯していく演出となっています。

 名称の由来となった幟は、浮世絵や絵馬などに描かれた江戸の楽しい風景に必ずといっていいほど登場し、幟のある場所は賑わいと活気があふれ、未来への新たな活力も生まれてきました。東京の夜空に大きな「幟」を掲げることで、東京全体を盛り上げていきたいと考えています。

 展望台にはテーマカラーである橘色(橙)を点灯し、天望デッキ下部は、あえて点灯しない黒色の部分を作り、3つの幟が東京スカイツリーRの角部分を中心に夜空に掲げられている様子を表す演出となっており、心柱照明に橘色(橙)のグラデーションを付けることによって鮮やかな幟の様子を表現しています。

引用:東京スカイツリー公式サイト


これからは「粋」「雅」「幟」の順で1日ごとに点灯していくそうです。
(2017年5月18日〜22日は「幟」)

また日没1時間前ごろから、東京の夜の始まりを告げるプロローグ演出も始まっています。